HDDにゼロフィルを試してみた

Dell inspiron1526のHDD交換
先月のことですが、出張にPCが必要だったので、inspiron1526を機内手荷物に持って行きました。機内では普通に使えました。ところが出張先で開いたとたん、XPの起動画面から先に進まなくなりました。出張から帰ってきても同様でした。裏返してみてみると、なんとなぜかHDDをしまうフタのネジが2本とも外れています!もしかしてHDDが少し外れた状態で電源を投入したのかと思い...

この記事に登場する古い方のHDD(TOSHIBAの110GB)は、この記事のとき以来不良セクタが現れたので、これまで不良セクタ部分を避けた80GBにフォーマットして使っていました。

ふと先日、ハードディスクの状態を検査する「FromHDDtoSSD」というツールを見つけたのでインストールし、このHDDを完全スキャンしたところ、このHDDで読み書き不能なセクタは1箇所だけでした。

安定度も悪くなかったので、もしかしたらこの不良セクタ、修復可能な部類かも、と思い

今回このHDDにゼロフィルを試すことにしました。

ゼロフィルを行ったのはこちらの「Darik’s Boot and Nuke (DBAN)」ツールです。

CD-RにDBANのisoを焼き、そのCDでPCを起動。

ツール実行時、PCにつないであるHDDはこれ1個だけにしました(間違って他のHDDを消さないように)。

110GB全域で3時間50分かかりました。

再度上記のFromHDDtoSSDで完全スキャンしたところ不良セクタは消え、不思議なことに安定度も上がりました。

Windowsで110GBのフォーマットを行い、TVにつないで録画用に使うことにします。