HPプリンタカートリッジのつまりを解消し、印字かすれをなおす

シェアする

私のこれまでのプリンタ利用歴は、キャノン3台・エプソン3台を経たのちに、今はHPのOfficejet 4630を使ってます。
Officejet 4630の強力なネットワーク機能がお気に入りです。

先日は黒インクを大容量のものに交換しました。

なのに、数か月でかすれてまともに印字できなくなっていました。

いつもなら「インク切れか…」と思ってしまい、新しいインクを買うところでした。

しかし今回は、プリンタの残量表示でもまだ残があることを示してるし、なんといっても増量カートリッジを買ったにもかかわらず標準カートリッジより寿命が短かったことから、明らかに異常なことがわかります。

そこでググってみたところ、こんなページ発見。

hpプリントカートリッジ・清掃方法の巻

なんと、ヘッドが詰まるなんてことがあるんですか…
確かに印字頻度は最小で月1回と間隔の開くこともあります。
原因は意外とアナログなことのようです。

そこで今回は、上記のサイトの「C.応用編 (重度の詰り)」を試してみることにしました。

まず、ヘッド部分だけを熱湯につけて、5分おきました。

続いて、何枚か重ねたティッシュをヘッド部分に押し付けたところ…


インクがにじみ出てきました!

ヘッド周囲に付着した水分をふき取り、プリンタにセットして、印刷してみたら、

最初は若干にじみましたが、何とか復活できました。

万一、今回の策でも復活できなかったら、

分解洗浄でモンブラン万年筆の固着を解消できた
およそ14年前にお祝いで、万年筆を戴きました。 かなり高級な品だと思うんですが、戴いてから1年ほど経過したら、インクを吸い込む時に回す...

これのクエン酸を試すつもりでいました。
今回のケースはシビアじゃなくてよかったです。

なお最後にこのプリンタを選んだ理由を申し上げますと、会社で使っている同じインクジェットHPの複合機が静かで速かった、ということが気に入ったからです。
この静かで速いという長所が顔料系インクのおかげなのでは、と思うと、乾いて詰まることには対処し慣れる必要があるな、と受け止めてます。