SB iPhone4sにnewGPPでIIJmioが使えた

シェアする

最近このブログの更新頻度が低くなっています。

そのわけは端的に言えば、私個人が現在世にある商品・サービスに満足してしまい、弄るなんていうことをする必要性を感じず、チャレンジ精神がなくなってきたからだ、と思います。
スマホ・タブレットがモバイル機器として満足いくレベルでこんなにも世に普及し、音声通話アプリも群雄割拠。それらは格安SIMを使えば低価格運用も可能。さらに今年5月には、新しく発売される携帯のSIMロック解除の義務化までが行われるようです。
Jonrnada690をPHSのつなぎ放題でメールやWebを見たりしたところのことはもはや昔話、Nokia N800でSkypeした時代さえ懐かしいぐらいです。
このブログに残された役割としては、古い機器をカスタムして現在も使用可能にすることぐらいになるのでは、と思っています。

そんななか、久しぶりにこのブログに投下できるネタになることをしてみました。
この度SoftBank iPhone4SにSIM下駄のnewGPPで、IIJmioの格安SIMで使えるようにしました。
環境があったにも関わらずこれまでこれを試していなかったのは、これまでSIMフリーiphone3GSでのIIJmioも特に支障なく使っていたことと、また私のIIJmioのSIMは標準SIMサイズだったのでmicroSIMサイズにカットするのが面倒だった、ということもあります。

本当はすんなりいくはずだったと思いますが、紆余曲折ありましたので、それら全て書きます。

iPhone4SはSoftBank版で、iOSは当初 8.1.1でした。
IIJmioのSIMはSMS付で、これまでSIMフリーのiPhone3GSで使っていたものです。

ピンクSIMで、DX050とあります。

まずは手持ちのIIJmioのSIMをmicroサイズにカット。

simcut

こちらは届いたnewGPPです。
newgpp
これらを、同封の紙1枚の説明書の手順で行ったところ、あっさりとNTT DOCOMOがアンテナ表示されて成功。
apnはIIJmioなのでここから拾いました。
ここまであっさりネットワーク接続できるようになりました。

ところが、これでめでたしめでたし・・・とはいきませんでした。
再起動するとSIMなしとなってしまい、ネットワークつながらなくなってしまいました。

理由がわからず複数回再起動したところ、リンゴループに陥ってしまいました。
そこで一旦iPhoneは強制終了し、PCと接続してiTunes経由で復元することに。
しかし、復元は無事に出来ましたが、復元の過程でiOSが8.1.3にアップデートされてしまいました。
そのせいかわかりませんが、新しいSIMを投入すると、不正なSIM表示が。

newGPPの同封説明書に沿ってもう一度アクティベーションから進めたところ「このSIMは何とかかんとかなのでアクティベーションが必要」みたいな表示がでました。
OKすると自動的に再起動され、再び不正なSIMという表示がでました。

不正SIM表示はiOSが上がったのが原因なのかと勝手に考え、iTunesを使ってiOSを一旦8.1.2に落としました。
しかしそれでもアクティベーションが必要云々の表記を止めることは出来ませんでした。

ネットを検索したところ 、上記にもリンクがありますが、Amazonの商品レビューに次のようなレビューがあるのを見つけました。

  • 2番接点をマスキング
  • キャリア選択後3秒以内のSIM入れ替えは無理なので一旦電源を落とす

これを試してみます。

同梱SIMでキャリア選択後電源を落とし、OFFの間にSIM下駄のIIJmioSIMを入れて、再度電源を投入してみると、再びNTT DOCOMOが現れました!

この後は超安定。再起動しても毎回、検索中があらわれてから10秒程度でNTT DOCOMOを認識してくれます。
Amazonのレビューにあることを初めからしていれば、最初からトラブルなく出来たのではないかと思っています。

SIM下駄の使用でバッテリーの減りは多少感じますが、自分としては許容範囲内でした。