Nokia N800でMicroBのWebkit化とFennecベータ版のインストール

MicroBのWebkit化を試してみました。

通常Webkit化は表示速度向上のために行うんですが、今回私はdiabloで日本語入力をすることを狙ってWebkit化してます。

参考にしたのはここです。ネットは本当にありがたいですね。
にょきっとNokia!

表示速度は速いです。

ただ画面にmatchbox-keyboardのソフトウェアキーボードが表示されません。

N810と違いN800にはハードウェアキーボードがありませんので、これはあまり使い勝手が良くないです。
日本語入力を試すのにiGo stowaway Ultra-Slim Bluetooth Keyboardを使ってみましたところ、日本語入力可能なことを確認できました。

続いて、

先月中旬にリリースされたFennecのベータ版を試してみました。

Fennecはモバイル版のFirefoxですが、ベータ版はこのNokia internet tablet用にしかありません。
モバイルで試せる環境に感謝しつつも、以前のアルファ1版はあまりに遅くて使用に堪えかねたので、あまり期待してませんでした。

fennec
ところがベータ版は、私の感覚では何とか使える程度まで速度が改善されてました。

そしてFennecは、写真の通りmatchbox-keyboardが画面に表示され、ハードウェアBluetoothキーボードがなくても日本語入力が出来ました。
ということでFennecは暫く使ってみようと思います。
BluetoothキーボードがあるときはMicroBも併用できます。

コメント

  1. m-kurata より:

    ソフトウェアキーボードは面白いですよね!
    慣れると意外と速く入力できますが、慣れるまでが・・・(笑)
    いろいろなことが出来るものですね!

  2. akiba より:

    m-kurataさんこんにちは~
    欧州仕様のものをやりくりするのでいろんな苦労が出てきます。
    iPodTouchのソフトウェアキーボードは使いやすかったです。
    nintendoDSにソフトウェアキーボードがあれば、小さいPCみたいに使えるんですけどね。
    でもやはりSLザウルスやS11HTのようにプチプチできるキーボードが付いてる方が、仕事には便利でした。