Tekram P6B40D-A5にCoppermineなCeleronを

シェアする

これまで仕事に追われていた分、この4月からは余裕を持とうとつとめて時間を作っています。
おかげで職場を掃除したり片付けたり、配置換えすることが出来ました。

そしたら、1台ほったらかしにしていたPCが見つかりました。
3年前に組みなおししていた自作PC、P6B40D-A5です。
これを見つけ、急に忙しくなり手をかけなくなった3年前の3月当時を思い出しました。
そのような状況からいつしか存在自体も忘れていたこのPCには、Celeron433x2が入っていました。
このスペックでは今更何の役にも立たないかと一瞬思いましたが、3年前と違うのはCoppermineなCeleronが今は余っているという点です。
ということで、早速試すことに。

今回重要だったのは、手持ちの変換下駄がMS6905 Ver1.1Bだったことです。
MS6905はver2.0がCoppermine対応ですが、Ver1.1のうち、BもCoppermine対応のようです。
ms6905-b
写真左下に「B」とあるのが見えます。
WEBで検索したところ、MS6905ver2.0のマニュアルが見つかりましたので、それを参考にジャンパ設定したところ、無事BIOS画面を拝むことが出来ました。

  • HDDと変換下駄のMS6905は会社の古いNEC PC98からとったものです。
  • CPUのCeleronは900MHzで、これは昔自分がオークションで買ったノートPCの中にあったものです。
    会社にも同型のPCがあって、しかもその会社のノートはマザボだけ壊れました。
    そこで先日会社PCをとニコイチにし復活させるために自分のノートを職場に寄付した結果余ったものです。

もともとこのマザーは3年前、当時職場の余っているパーツを活用するために、家から持ってたものでした。
3年あけて漸く完成です。

変換下駄は2個あるので、ギーク的にはCoppermineのデュアルを試すところなんですが・・・