格安アップスキャンコンバータで、使ってないPC液晶モニタをレトロゲームのディスプレイに

シェアする

子供の友達が遊びに来たときに、せめて子供が友達とゲームが一緒にできれば、と考え、客間にレトロゲームを置くことにしました。
とりあえずファミコン・スーファミを置いてみたところ、今後は割と使用頻度が高くなりそうな様子。

ただ、これからちょっと考えないといけないことは、客間にはアンテナ端子がないので、貴重なテレビをゲーム用に客間に置いてしまうと、そのテレビが1台ゲーム専用になってしまい、テレビとして使えなくなる点です。

持っているテレビの数は少ない一方、家にはPCの液晶モニタが余っていました。
そこで、ビデオ信号をアナログVGAに変換するコンバータがあれば、PCモニタをゲーム専用に使えるかも、ということを考えました。

15年ほど昔のPCプロジェクタが高かったころは、それとは逆の「PCの映像をテレビに映す」ことをして、仕事に使っていました。
これはダウンスキャンコンバータというようですが、およそ数万円ほどと相当値の張るものだったにも拘わらず、画質は常用に耐えられないクオリティだった記憶があります。

調べたところ、ビデオをアナログVGAに変換するコンバータはアップスキャンコンバータというようで、探せば安い商品もたくさん出てきました。

この商品を買ってみました。



電源は、USBケーブル状のものが同梱されていましたが、

バッファローの壊れたハブ用のACアダプタ5Vがピッタリでした。

肝心の画質について、目的のスーパーファミコンをコンバータに接続して、PCモニタに映してみました。
なお、PCモニタは、19インチ1680 x 1050の16:10サイズです。

なんか発色が白黒っぽいです。
19インチのテレビ(液晶)だと、

このように映りますので、最初はコンバータの不具合かと思いました。

今度はドリームキャストを、同様にコンバータ経由でPCモニタにつないでみたところ、

このように極めて綺麗に映りました。
同じドリームキャストを19インチテレビに映すと、

このようなものです。

PS1もテストしてみましたが、ドリームキャスト同様にきれいでした。

最後にBSデジタルチューナーをつないでみたところ、

ご覧のような画質でした。

どうやらスーパーファミコンと相性が良くないようですが、それ以外では常用が可能だと思うほど、良好な画質でした。