Willcom WX320T

シェアする

いわゆるモバイル機器を「弄る」というのは、私にとってもはや趣味の領域ですが、本来アキバ系「ビジネスマン」の姿としては、私が今やってることは、目的と手段が逆です。
機器を「弄る」目的は、ビジネスを効率的にするためなんだから、本来は「弄る必要のないほど完成されている」つまり弄りがいのない機器であればあるほど、ビジネスが効率的になり、それは即ち良いものであるはずです。
今私にとって「弄る必要のないほど完成されている」機器を挙げると、

  • iBook G4
  • Sony Clie NX80V
  • Willcom WX320T

です。
ずっと昔はDocomoを2年ほど使ってましたが、私の使い方では、音声の通話品質が高いということが優先順位の1番に来ます。
そこで、CdmaOneが始まった段階でKDDIに換え、5年ほど使いました。
この間DDIポケットをデータ通信専用に追加しましたが、自分の地元ではPHSのカバー範囲が比較的広いし、固定電話並みの通話品質だし、なんといっても安いので、味ぽんが発売になったときにこれにとびつきました。auを止めデータ通信を通話端末に機種変し、PHS一本にして今に至ります。

  • その味ぽんは、TT-Zero3のセットに興味を惹かれ、換えました。
  • そのTTの電池が持たなくなってきたので、一時的にZero3で通話も兼ねました。
  • Zero3も電池が持たなくなってきたのと、通話端末としては重いので、WX320Tにしました。

WX320Tは、未だに電池が持ちますし、動作が速いので、弄る必要もありません。