すりガラスシートを貼ってみた

シェアする

冬期や雨天時の物干しスペースとして、ベランダ手前に3畳程の風除室があります。
風除室の窓には目隠し用として、これまでブラインドを取り付けていました。
今年はこの風除室で、唐辛子の鉢を冬期間越冬させようと考えています。
今までのブラインドだと日照が良くないので、先日窓がすりガラスのようになるガラス用装飾シートを貼り付けました。

仕上がりはこんな感じです。

ブラインドは撤去。
日照のあったある朝に気温を測ってみたら、11.2度の外気温(気象庁)に対し風除室は16度でした。
もし冬季の気温や日照の条件がよければ、唐辛子の越冬に切り戻しがいらなくなるかも。