楽天プレミアムの1ヶ月無料体験に登録してみた

シェアする

楽天PointClubのステータスについてはここ3年ほどは、楽天カード保有と楽天アフィリエイトの活用のおかげでプラチナ会員を維持継続していました。
プラチナ会員の特典は、特に自分にとって大きなメリットはありませんから、楽天PointClubのステータスはこれまであまり目標になりませんでした。

最近は通販を利用するときには、昔のAmazonから楽天やヨドバシにする機会が多くなりました。
それによってなのか、昨年末ごろから楽天のランクステータスにはダイヤモンド会員までの道のりが表示されるようになり、ついに先月下旬には、ダイヤモンド会員までのポイント数はクリアし「獲得回数あと2回」という表示になりました。

今月あと2回も買い物する予定ないし…とぼんやり考えていたさなか、楽天プレミアム1ヶ月無料体験の告知が目に飛び込みました。
楽天プレミアムを調べてみると、

  • 年会費はかかるけど(3900円)
  • プレミアム対象商品の購入で送料が発生した場合、送料分ポイント還元サービスを受けられる、というメリットがある

ことがわかりました。

最近は通販のメインをアマゾンから楽天にシフトしてきているといっても、これまで楽天の利用回数がダイヤモンドに達しなかったのは、ひとえに送料です。送料が無料になるぐらいの金額になるまで買いたいものを溜める、という買い方をしてますので、利用回数はどうしても少ないです。
その送料がポイント還元されるんだったら、と思うと、ちょっと楽天プレミアムを試してみたくなりました。1ヶ月は無料だし。
ダイヤモンド会員になったら何がどう変わるのかも知りたくなってきたこともあり、「今月あと2回」の買い物に活用しようと思い、

楽天プレミアムの無料体験をすることにしました。

プレミアム無料体験に加入し、早速買い物し、あと2回をクリアしました。

といっても今欲しいものは特になかったので、洗濯洗剤とかお茶とか、ドラッグストアで売ってるような保存の利く日用品ばかりを買いました。

プレミアム無料体験終了後はプレミアム資格を自動継続するか終了するかを、事前に設定できます。

この点はたいへん良心的だと思いました。
会費制の何とかプレミアムというサービスは楽天以外にも沢山ありますが、こういう類のものは一般的にだいたい、解除設定をユーザーが自分でしない限り、会費が継続して引かれ続けるというしくみです。
一見些細ですがこのようなつみ重ねが、楽天サービス全体の信頼を生み、今後も使いたくなる動機になります。

それから一週間後、月をまたいだ後に、

ダイヤモンド会員のステータスとなりました。

ダイヤモンド会員の特典を見ると、特に自分にとって大きなメリットはありませんでした。
誕生日月にもらえるポイントが多少変わるぐらいです。

そして、もうすぐ楽天プレミアム無料体験の1ヶ月が終わります。
先の2回の利用のほかに送料分ポイント還元を受けたのは1回でした。
この月1回ペースで今後もプレミアムを利用するめどがあるのなら、充分年会費3,900円の元は取れると思います。
しかし私はこの1ヶ月の1回のほかに楽天を利用していないわけではなく、この1回とはたまたまこのとき欲しかった商品がプレミアム対象だったからでした。
この1ヶ月で感じたことは、

  • プレミアム対象商品は思ったほど多くはない
  • プレミアム対象商品かどうかを考えて買い物すると、選択肢が狭まってくる

という点でした。
そんなことから、今回はプレミアムを有料に移行しませんが、今後プレミアム対象商品が増えるか、会費がもう少し安かったら、私のような低頻度利用者でも楽天プレミアムのメリットは出てくると思いました。