麦茶の出がらしを肥料代わりに、枝豆を播種

シェアする

当地も春になりました。
本格的な園芸シーズンはもうちょっと後の事になりますが、ぼちぼち出来ることからやっていきます。

越冬を目論んで切り戻した唐辛子・ピーマンは、なんの変化もありません。

唐辛子とピーマンを、越冬のため切り戻し
今年の冬は早く、11月初めに雪が降りました。 越冬を図る唐辛子とピーマンはそのタイミングで玄関内に移動させましたが、これは例年よりも早い時...

一昨年に切り戻して越冬に成功した唐辛子やピーマンは昨年の今頃にはもう葉がついていたので、枯れてしまったんだと思います。

枯らしてしまった原因は、この冬の多忙によりつい水を涸らしてしまったから、と考えています。
これまでは唐辛子の盆栽化を目論んで越年を頑張ってきました。
しかし今後は、実生から採種して春に植える、というサイクルにしようと思います。

さて、気を取り直して枝豆です。
唐辛子は沢山栽培するほどの需要はありませんが、枝豆ならいくら作っても即座に家族で消費します。
なので今年は実益の高い枝豆を主力品種にしようと思います。

まずは冬期間捨てずにいた麦茶の出がらしを、

のりに乾燥剤として入ってた石灰と混ぜ合わせ。

一昨年も一度やったことある技です。

麦茶の出がらしを肥料に
麦茶の出がらしティーバッグを、捨てずに毎日日の当たる場所で乾燥してたら、 こんな量になりました。 肥料にでもならないかな...


さらに100均で買った培養土と混ぜ、ポットに播種。

種子の目覚めになればと、外も暖かかったので表に出しました。

職場でも同じ品種を少し早いタイミングで播いて、そちらは猛烈な勢いで発芽しつつあることから、こちらの発芽も期待できそうです。