唐辛子の越冬

シェアする

唐辛子の大きい株を越冬準備

唐辛子の収穫は完了しましたが、引き続き育てようと一部の株を室内に持ち込みました。

奥のプランターにある2株にはある程度の大きさの唐辛子が既についており、この株は赤唐辛子の収穫を狙っています。
手前の鉢にある株は、切り戻して冬眠させる予定です。

この2株も切り戻して冬眠の予定です。


この4株は樹形が良いので、通年栽培で盆栽チックに眺める予定の株です。
冬も育てたいので、先日ここで記事にした風除室に置いています。

すりガラスシートを貼ってみた
冬期や雨天時の物干しスペースとして、ベランダ手前に3畳程の風除室があります。 風除室の窓には目隠し用として、これまでブラインドを取り付けて...

1カ月後、小さい株の葉を取り払う

新しい花芽が枯れるようになってきましたので、現時点で結実してる株を除いた他の株を、冬ごもりさせることにしました。
結実してない株の葉を全部取ってしまい、暗いけど暖かい部屋に置いておくことにします。

2カ月後、枯れた唐辛子は処分、花芽出現

残り6株のうち3株をアブラムシ対策のために、つい先日葉を落としました。
この時点で葉のついている株が3株、葉のついてない株が10株です。

ところが本日、葉のついていない10株のうち、昨年葉を落とした7株が、すべて枯れていることに気づきました。
残念です。なくなく処分しました。
先日葉を落とした3株の葉を落とす際の枯れ具合は、昨年葉を落とした7株のそれとほぼ同じ程度。もしかするとこのまま同じことをしていては、先日の3株もそのうち枯れてしまうのでは?なんとかしないと。
暗所においておいたのがだめだったんだろうか?と考え、先日葉を落とした3株は(葉がないにもかかわらず)日のあたる場所においておくことにしました。


まだ葉を残している株3株(こちらは順調に復活してきました)とあわせ、現在の生存は計6株。
かなり生存率が低い唐辛子の冬越しですが、これらだけはなんとか春を迎えさせます。

ここで弱っていた通年栽培の3株だけは、日照と温度をふんだんにしたことで、旺盛に脇芽が出てきました。
さらに今日、そのうち1株は


見えますでしょうか。花芽がつきました。

生存中の3株を、それぞれ条件の違う環境へ

越冬中の唐辛子の今日までの推移です。

室内で収穫2株 切戻し冬眠7株 葉を付けたまま通年栽培4株
12月 赤くなってきた

切戻した

1月 収穫し、内1株切戻し

暗所で保管

時々日照
2月 先の切戻し1株枯れる。
もう一株切戻し
6株枯れ、生存一株

1株切戻し

3月11日 切戻し生存1株 切戻し生存1株 葉付き3株成長中。
切戻し生存1株。

今日現在、葉をつけた株3株、切戻し株3株が生存中です。
当初から切戻して暗所に保管した株は、生存率が良くありません。そこでそれらも先日から明るいところに保管することにしました。
一方葉を付けたまま通年栽培4株は何とか生きながらえてますが、アブラムシ対策が厳しいので、大量の株をこれで冬越しさせることは出来ません。
切戻し株の生存率向上が命題です。
そこで実験のため、冬型が少し緩む今日より、切戻し生存株3株をそれぞれ別の環境で保管することにしました。
以下の3通りです。

  1. 日照○、温度高、湿度低
  2. 日照△、温度中、湿度中
  3. 日照○、温度低、湿度高