禁煙1ヶ月。

シェアする

禁煙開始が先月の今日。その先月は2月なので、ついに(28日・4週間しか経過していませんが一応)1ヶ月経過です!
前週は離脱症状が緩和してきたようなことを書きましたが、全くなくなったわけではなく、頭痛や眠気、そして吸いたい衝動は、いまだに時折おこります。
吸いたい衝動以外の離脱症状は、過去の禁煙ではなかったことです。
過去に5回、3ヶ月続いた禁煙があり、最後の禁煙は8年前になります。
過去の禁煙では、たばこのことを忘れるようになってきたのは割と早く、禁煙2-3週間を過ぎたあたりでした。
にもかかわらず過去のの5回では、いずれも3ヶ月経過後に「1本だけなら大丈夫」が命取りになって、禁煙が終わってしまいました。
この「一本だけ」があっという間に禁煙者を喫煙者にします。こわいですね。今回はこの一本だけに特に気をつけようと思います。
しかし、今までは単なる失敗だと否定的に捉えていた過去の5回の3ヶ月禁煙という経験を、禁煙が1ヶ月続いた今になって振り返ると、過去の禁煙失敗も今に繋がってるのかな?と思います。
今回の禁煙は突発的に始めたものなので、事前に何の下調べや準備をしなかった一方、逆に禁煙がスタートしてから却ってタバコについて色々調べるようになっています。
それによると、自分のニコチン依存度は元々そんなに高くなかったような気がするからです。
初回の禁煙を始めてから、今回の禁煙を始めるまでの15年の間に、

  • マイルドセブン→マイルドセブンライト→マイルドセブンスーパーライトと、少しづつ銘柄が低ニコチンに代わっていった
  • 10年前からクルマを禁煙にした
  • taspoを作ってない

ということをしてました。
これのおかげで、生活に刷り込まれた喫煙機会、たとえば「朝の目覚め」「車で渋滞」での喫煙をせずに済んでいたのかと。