禁煙9ヶ月。ここまでうまくいっている理由。

禁煙, 脱煙

9ヶ月というと、3ヶ月の3倍。
過去最長禁煙のトリプルスコアまでたどり着きました。
せっかくなので、ここまで禁煙がうまくいった理由をこれも自分なりに振り返って見ます。

禁煙前からタバコを身近から遠ざけていた

禁煙を始める前からすでに「車では吸わない」「タスポを持たない」でした。

開始時は、ほかに何も決めず「まず1週間タバコを止める」ことからスタートした

これはどういうことかというと、禁煙開始時に、

  • 人に禁煙を宣言したり予定日を決めたりといった「自分追い込み系」
  • 二コレットや残ったタバコ廃棄など「お金かかってんだから系」

などというような、策から囲いこむようなことをしなかった、ということです。
これではいつでも中断できることから一見甘いかもしれませんが、おかげで気負わずスタートできました。
それにこの策唯一の手段は「タバコを吸わない」という目的の本質ですので、少なくとも最初の1週間はほかの策に起因する「捨てたはずのタバコが見つかった」「宣言したら1本勧められた」という言い訳に負けることはありません。

禁煙後の変化を些細なものでも実感できる工夫をした

自分にメリットのないことを続けるのは、どのようなことでもなかなか難しいと思います。
禁煙の場合、そのメリットが現れるのが遅いので、私は今回の禁煙で、少しでもその変化が現れたら大げさに自覚するように努めてます。
ダイエットできつい運動するのもそのためですし、途中
1何度も2何度も心構えをもちなおしているのは、まだメリットが現れづらい離脱症状中の時期でも「これは変化だ」と、メリットが現れていると自己暗示するためです。
まだ9ヶ月なのにこのような達成感丸出しの投稿をしてるのもそのためですし、この投稿のようにメリットを羅列することもそれです。
人には言わずともいいので、少なくとも自分の中だけでも「禁煙してる自分カッケー」って思ってるぐらい自分に甘いほうが、うまくいくんじゃないでしょうか。
そんな中今月に入ってから、なぜかたばこのことを意識する機会が多いです。
でもそれがなぜなのか、自分でも良くわかりません。

  1. 喫煙への興味が復活してきた
  2. 禁煙成功に自信が出てきているので、喫煙の話題をしても大丈夫だと思っている
  3. 天気が悪く自転車ダイエットが出来ない日々が続いているうっぷん
  4. 社会生活上のストレスが増えている
  5. ブログの更新自体が興味対象になっているに過ぎない

論理的に考えるとこんなところでしょうか。
1,2番でなければいいんですが。とくに2番は慢心ですから、1本だけに弱そうです。

スポンサーリンク

禁煙, 脱煙taspo, 反射行動

Posted by エコタウン