フェザー・サムライエッジを使ってみた

カミソリ, カートリッジ

先日までGillette Fusion 5+1を格安で買って使ったのち、処分したことを記事にしました。

格安で買えたFusionなんだからそのまま使ってりゃいいじゃんとも思いましたが、それをわざわざ処分した理由は、切れ味など使用感に不満があったというわけではありません。
替刃1枚当たりの単価で計算すると199円という破格の調達価格を考えると、もちろん最高の切れ味でした。

では何が残りの買い置きを処分した理由かというと、Fusionは、のちに替刃を別途買う場合の価格が300円を超えるほど高価だ、ということに気づいてしまったことによります。
「Fusionに慣れ、替刃300円のサイクルに取り込まれる前に、ずっと満足してたGillette Machsyn3に戻さなきゃ…」と思ったからです。

替刃はフォームと並んでひげそりの主要なランニングコストですが、そのことにこれまで深く考えていませんでした。
改めて調べてみると、「ジレット商法」なんていう言葉まであるんですね。知りませんでした。
昔使っていたGilletteセンサー後継のSensorExcelの替刃は今でも100円強の単価で買えますが、気が付いたら今使ってるGillette Machsyn3も替刃単価は250円に迫っていました。
喫煙してた頃の金銭感覚だったら250円なんて気にも留めなかったんでしょうがね。

今のうちならGillette SensorExcel互換のホルダーが


割と良心的価格で入手できます。
しかし「ジレット商法」だと、このSensorExcelの替刃もいつディスコンになるか知れたものではありません。
そこで、今後はMachsyn3の安い替刃を探しつつ、ほかのカミソリへの乗り換えも検討することにしました。

長い前置きでしたが、ここまでが、ネットで評判の良かった「FEATHER SamuraiEdge」を使うに至った経緯です。


替刃を購入。
8個入りを単価で156円となる価格で購入しました。

ホルダーは、サスペンション機構のあるサムライエッジ用ホルダーではなく、

首振りの固定も可能なFIIネオ用のホルダーに装着させることにしました。

FIIネオのホルダーにサムライエッジの替刃を装着したところです。

剃り味はマイルドです。
いきなり逆剃りしてもカミソリ負けしません。
マイルドブレイド機構が寄与しているのかと。

深剃りは、逆剃りすることで実現できました。

トータルは逆剃り+仕上げの1.5passで十分でした。

刃の間のひげカスは水ですっきり!と謳われており、事実水を張った洗面器の中で23度振るだけで落ちました。
しかしスムーサー周りのカスはもうちょっと頑固でした。
この点はMachsyn3が素晴らしい点で、Machsyn3の替刃の持ちが長いのもこれが大きいかと。
このSamuraiEdgeの替刃にどのくらいの耐久性があるのか今後が楽しみです。

私のヒゲは伸びるのが早い一方、濃くはありませんので、SamuraiEdgeで十分だと思いました。
それに

カミソリは毎日使う消耗品です。「毎日使うものだから、値頃感ある価格でご提供したい。」この思いを胸に開発しました。
フェザーは、コストダウンする為に海外で生産したりはしません。品質の維持と社会貢献を目指し、国内生産にこだわっています。

というFEATHERの企業姿勢がすばらしいです。
つい応援したくなります。

ホルダーとセットだと、ここが安いです。

スポンサーリンク