Maggard Razors V2 OCを試してみた

シェアする

最初はロングハンドルを、手持ちのメルクール333C用に買おうと思いたったことがきっかけでした。

先日コメントにて教えていただいた海外通販先
Maggard Razors
を覗いてみたら、つい色々目移りが…

もちろん目的のロングハンドルも買いました…但しヘッド付きで。

買ったヘッドはOpen CombのMaggard v2です。
ハンドルとヘッド合わせて$25.95。
Open Combは一般的にアグレッシブらしいので、つい魔が差して、ちょっと調子に乗って試してみたいと思ってしまったんです。

買ってから早速写真まで撮りましたが、それからおおよそ2週間ほど、未使用なまま放置しておりました。
それは現在使用中の別のカートリッジやディスポが溜ってたので、在庫先入先出の原則を守ってたからです。

重さは93g。

まず初日は、これまで3回使ったFEATHERハイステンレスで剃ってみました。
深剃りが1回目ではうまくいかずに、つい力を入れてしまい、3か所出血しました。

「これがアグレッシブか?」と思いながら、次の日は未使用のASTRA Superior Platinumで剃って見ました。
すると、もっと素晴しいシェイブが出来ました。

これはもしかして「マイルド⇔アグレッシブではなく、最初は替え刃が新鮮じゃなかったから?」と仮定しました。
そしてその翌日、DORCOの未使用で剃ってみたところ、初日同様、深剃りが1回目ではうまくいかずに、つい力を入れてしまいました。それにより出血。

ホルダを比較するには、少なくとも比較する他のホルダと替え刃などの条件を一致させないと分からないな、と両刃歴の少なさを振り返りつつ、もしかするとこのホルダは、攻撃性が中間なので替刃の特性が出やすいのかな、と思いました。
ひとつだけいえることは、ASTRA Superior PlatinumのMaggard V2は、メルクール替刃のMerkur333Cに匹敵するパーフェクトシェイブでした。もちろんIMHO(in my humble opinion)です。

『Maggard Razors V2 OCを試してみた』へのコメント

  1. 名前:うにぞう 投稿日:2017/12/03(日) 22:16:32 ID:53c37a53f 返信

    ASTRAの刃は海外のユーザーの間ではマイルド系替刃の代表格として位置づけられています。Magardホルダと相性が良かったのは、アグレッシブ系のホルダでマイルド刃を使用したからだと思われます。
    アグレッシブホルダは剃る時の刃の有効角度が広いので、マイルド系替刃を使用するととても剃りやすいかと思います。私もASTRAを使用するときはアグレッシブホルダーを使用しています。また、33Cのようなマイルド系のホルダだとシャープ系の替刃が使いやすいです。フェザーや7o’clockはシャープ系ですので33cが最適だと思われます。逆剃り時はむしろこっちのほうが使いやすい気がします。
    両刃カミソリはホルダー、替刃共に剃れ味が違いますので無限とも言える組み合わせがあります。また、ソープの水分含有率を変化させるだけでも剃れ味が変わりますし、ソープのブランドによっても微妙に剃れ味が変わります。
    実に奥深いですね。

    • 名前:エコタウン 投稿日:2017/12/03(日) 23:29:22 ID:0c3466629 返信

      うにぞうさま、お越しいただきありがとうございます。
      また、私の頭の中で整理がつかなかったままのことを解説下さり、おかげですっきりしました。
      替刃の性質を把握しておいておくと、いろんな組み合わせの解が予測出来て、最適を見つけやすくなりそうですね。
      実に奥深いです。
      まだ使ってない刃が多いですが、刃の特徴を把握できる程度に使いこみつつ、いろんな刃を試して見ようかと思います。