久しぶりに入手した両刃カミソリ「Merkur 41C」は両刃カミソリ入門機として最適かも

2か月ほど前になりますが、久々に新しく両刃カミソリを入手しました。
MerkurのOpen Comb、41Cです。

量ってみると重さは66gでした。

他のホルダと比較。


左から、Maggard V2OC、このMerkur 41c、Merkur 33c、Edwin Jagger DE89です。

ハンドル長はわたしの手だと4本指保持はギリギリで、小指は添えるだけになります。
つまむ持ち方のひとには問題ない長さです。

Modern Double-Edged Safety Razors Ranked by Aggressiveness
Building upon over 1,100 responses from over 60 surveys, plus summarizing compiled research and advice ... Badger & Blade shares its double edge (DE) razor expe...

この表ではアグレッシブ度2.0と、極めてマイルドと評価されてます。

最初はPersonna Platinumで剃ってみました。

自分的にPersonna替刃は「中間寄りのシャープ系」と思っていますので、このマイルド41CにPersonna替刃の組合わせは合っているのでは、と予断していました。

その予断は間違いありませんでした。オープンコームの先端が肌にあたる感覚は他のオープンコームホルダーと同じですが、その背後になる刃をコームがしっかりガードしている様子は、まるでフェザー・プロガードのようです。

右がこのMerkur 41C、左がMaggard V2OCです。

ブレードギャップは両方のOCとも同じぐらいですが、左のMaggard V2OCの方は刃の向きが上向きで、下向きなベースプレートとの間隔があるのに対し、このMerkur 41Cは刃がベースプレートに沿っています。
この点がMerkur 41Cをプロガードのように感じた理由かと。

続いてDerby。

Personna替刃は4回使いました。
Personnaに続いて、ダル系の代表Derby替刃ではどのようになるのかと興味があり、次はDerbyで剃ってみることにしました。
マイルドホルダーにダル替刃は剃り心地が良くなさそうな予想をしていましたが、結果は自分の想像を超えた感覚で、意外にも悪くありませんでした。
プロガードのような安心感がある上に、カートリッジカミソリのようなスピードで手早く剃れました。
まるでSchick ProtectorやフェザーMR3のようなガード付きT字で剃っているかのようでした。

この新境地はいったん他の両刃ホルダー体験を経由したのが原因と考えると、もし1本目の両刃カミソリとして使う際には、それまでのカートリッジカミソリから違和感なくしっくり使えるのではないか、と思いました。

マイルドでカートリッジカミソリのように手早く使うことができ、かつ様々な特性の替刃に合うこのMerkur 41Cを、ポピュラーやDE89とともに最初の1本として勧めるベストバイに加えたいと思います。

コメント