西洋剃刀のスケールを交換してみました

以前、スケールを3Dプリンタで印刷した、中華の格安ストレートレザー「Gold dollar 208」。

西洋カミソリ、Gold Dollar 208のスケールを3Dプリント
やらかしてしまいました…先日、金属製両刃ホルダを煮沸消毒したとき、ついでにGold Dollarも煮沸消毒しようと一緒に鍋で煮てしまいました。そのせいでスケールがふにゃふにゃになってしまい、もとに戻すことが困難になってしまいました。あまりのショックで、ふにゃふにゃ状態の写真は1枚も残っていません。でもそこは、さすが今やIT革命成就後の世界。Thingiverseに行くと...

その後ヤフオクで、極めて安価な新品のスケールを2個見つけたので、落札し入手しておきました。

どれだけ安かったかと言いますと、2個送料込みの価格で、Gold Dollar本体の送料込み価格を下まわるほどです(つまり1個500円未満)。
逆にいうとこの格安レザーのパーツは、これだけ安くないとコスパの良さを維持できません。

今日はこのスケールを交換しました。

まず準備として、前回の交換時にも使ったアンビルに穴あけしました。
あけた穴は、釘頭が沈む程度の4.5mm径のへこみと、ピンを固定する2mm径の穴の2つです。

穴を空ける箇所をアンビルの端にしたのは、他の叩く作業に中心の平面部を使うことを考えたのと、以前同様の作業をした際にピンを強く叩きすぎて曲がりスケールを破損した経験を踏まえ、必然的に弱く叩かざるを得ないようにするためです。

準備出来ました。

Gold Dollar 208に加え、Gold Dollar 200のスケールも交換することにしました。
Gold Dollar 200の新品時のスケールが精度が悪くピン穴位置がずれていたため、刃を開閉するたびにピンがスイングしスケールがずれるからです。

ピン用の真鍮釘を通してニッパーでカット。
カット後は棒やすりでピン頭を平面に整えます。
この作業を怠らないことが、次の叩く工程でピンを曲げてしまうリスクを軽減するようです。

このあと、真鍮釘の頭を先ほどのアンビルに据え、今削った面をボールピンハンマーで円を描くように軽く叩きます。

するとこんな感じで仕上がりました。

下から、今回スケール交換したGold Dollar 208とGold Dollar 200です。

開閉時の感触や見た目などは純正と比べても遜色ない出来と満足しています。

コメント