西洋カミソリ、Gold Dollar 208のスケールを3Dプリント

カミソリ, 西洋カミソリ

やらかしてしまいました…
先日、金属製両刃ホルダを煮沸消毒したとき、ついでにGold Dollarも煮沸消毒しようと一緒に鍋で煮てしまいました。
そのせいでスケールがふにゃふにゃになってしまい、もとに戻すことが困難になってしまいました。
あまりのショックで、ふにゃふにゃ状態の写真は1枚も残っていません。

でもそこは、さすが今やIT革命成就後の世界。
Thingiverseに行くと、ちゃんとスケールの3Dデータがアップされていました。

あとはリベット状のピンを見つけることが出来れば自作出来る、とeBayでstraight razor pinと検索してみたところ、いくつかセットのがちゃんと出品されていました。
しかし、問題はeBayでもそれらが最低1,000円以上してしまうことです。
もともとGold Dollar 208自体が千円もあれば送料無料で買えてしまうほど格安なことから、DIYはよほど安く済ませない限り新品を買ったほうが安くなります。
代用品を探しにホームセンターに行って探したところ、
見つけた代用品候補は合計216円。これで何とかしてみます。

まずスケールの3Dデータを印刷して、2液式エポキシ接着剤で貼り合わせました。
リベット代わりのピンもご覧のとおり。

積層痕を目立たなくするため、手持ちのプラサフをふいてペーパー研磨しました。
塗料の手持ちはALESCOのラッカースプレーの「ぎんいろ」「とうめい」の2つでしたので、銀色→透明の順に塗装しました。

ピン代わりの真鍮釘にワッシャーをかまし、釘をカット。

アンビルの上で、真鍮釘のカット痕をボールピンハンマーで上から叩きました。
固定と養生のために、全体をビニールテープで巻きました。
これが失敗。テープを剥がすときに塗装が剥げてしまいました。
塗装はいつまでたっても上達しません。向いてないのかも。

とにかく出来上がりです。

左下のピンは釘の頭、右上のピンは叩いて出来たものです。

最後の釘をたたく時に使ったアンビルとボールピンハンマーはこちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エロン ホビーアンビル 1kg AVH−1
価格:1443円(税込、送料別) (2018/3/7時点)

 

 

 

この2点は前からあったものではなく、今回購入しました。
もしこの2点も合計金額に含めるとすれば、余裕で新品のGD208を買ったほうが安くなりますが、工具器具備品は財産ですから、費用には含めておりません…

スポンサーリンク