24インチミニベロ化してたKONA EXPLOSIFを26インチ仕様に

シェアする

ジュニアMTBからホイール&タイヤを流用し、24インチミニベロ化していたKONA EXPLOSIF。

しばらくミニベロ状態で使ってたら、同じMTBの26インチLGS-SIXよりもタイヤが回らず進まない感が強くなってきました。
ホイール径の小ささかタイヤ幅か、それともタイヤ重量なのか、いろいろな原因が考えられます。
そのうえ、もともとミニベロ用に設計されているフレームではないことからBB位置が低く、よくペダルが地面に当たってヒヤッとすることがありました。

このままだとそのうち自転車に乗るときはEXPLOSIFに乗らなくなりそうで、せっかくここまで投資したんだし、EXPLOSIFのホイールを組み直して26インチに戻すことにしました。

といっても当初の26インチホイールはLGS-SIXに戻してしまっていたので、

リムを新規に買いました。

購入したのは、こちらのALEXRIMSのZ1000。


シングルウォールの格安品で、私がポチったときはなんと1本909円でした。

こちらを購入した理由は、値段ももちろんですが、もともとのハブが36H仕様なので、36Hの559サイズのリムの少ない選択肢から選んだ、ということもあります。

スポーク長の計算

手組するには正しい長さのスポークが必要で、それにはスポーク長を計算する必要があります。

スポーク長の計算にはこちらのサイトが役に立ちました。
スポーク長計算CGI参号機 – 組 ま な い か –
上記のサイトに必要な寸法を入力するだけでしたが、

HUB F/SHIMANO HB-M4050, R/Shimano FH-M4050
RIM ALEXRIMS Z1000 26” 36H

必要な寸法であるリム・ハブのサイズ諸元のデータが見つかりました。
諸元の値を計算サイトに当てはめていったところ、スポーク長は、
フロント:左右とも268.838mm
リア左:269.447mm、リア右:268.001mm
という計算結果がでました。
そこで、

を、268mmを2つ、(フロント左右、リア右)、270mmを1つ(リア左)買いました。

ホイールは手組みします。

手組にはこちらのサイトが参考になりました。
Kinoの自転車日記
ネットのおかげでプロの技が学べます。ありがとうございます。
シマノディスクブレーキ推奨の、フロント逆イタリアン、リアJIS組にしました。

振れ取り中。


EXPLOSIFを通勤快速仕様にしたいので、タイヤはLGS-SIXから26×1.25を外して付けました。
LGS-SIXには後で26×1.5を付ける予定です。

完成です。

FRAME KONA EXPLOSIF 2004 16inch
FRONT FORK BAZOOKA HCCR B-145
HEADSET TANGE Technoglide J-27
HANDLE BAR BAZOOKA
HANDLE STEM GIOS FURBO完成車からの取り外し
BRAKE SHIMANO BL-M445 BR-M447
BRAKE DISK SHIMANO SM-RT30
FRONT DERAILLEUR SHIMANO ACERA FD-M360-6
REAR DERAILLEUR SHIMANO CLARIS RD-2400-SS
SHIFT LEVER SHIMANO SL-M310
BOTTOM BRACKET SHIMANO BB-UN26 SHELL:68mm AXLE:123mm
CRANKSET SHIMANO ACERA FC-M361 42/34/24T 170mm
FREE WHEEL SHIMANO CS-HG51 8SPEED 11-28T
HUB SHIMANO F/HB-M4050, R/FH-M4050
RIM ALEXRIMS Z1000 26” 559×20 36H
TIRE PANARACER PACERA 26” x 1.25
SADDLE GIOS FURBO完成車からの取り外し
SEAT POST GIOS FURBO完成車からの取り外し


下の写真は24ミニベロの時。

下の写真はさらにその前のVブレーキ時です。

ホイールが黒いとタイヤの細さが目立ちません。外観的にMTBの素性が残せています。
ペダルはPD-T420なので、普通の靴でも踏めます。エクストリーム出社に最適な仕様です。