最も思い出深い過去のサイクリング

シェアする

出張&雨&自転車のパーツ破損による部品待ち、という不運が重なり、しばらく自転車通勤出来ない状態が続いています。
筋トレは続けているからか、体重はピーク時から2kg減をキープ。
禁煙前の体重まで、あと3kg。
こんなときでもモチベを保てればと、過去のサイクリングの思い出を。

2007年とだいぶ昔のことになりますが、まだ景気の良かったころ、会社の周年旅行でハワイに行ったことがありました。
このときの自由行動の3日間を、通しでレンタサイクルを借りて自転車で回ることにしました。

レンタサイクルはこちらで借りました。
Big Kahuna Motorcycle Tours and Rentals
24hrsで$20の3日分で$60を、カード支払いしました。

まず初日は、初ハワイの道を慣れようと、まずはおっかなびっくりと宿から近場のアラモアナ公園付近をうろうろ。
残念なことにスコールに遭いすぐ戻る羽目になりました。
ただこのとき、ハワイの道が走りやすいと感じたので、せっかくホノルルに来て自転車を借りてるんだから、と翌日ホノルルセンチュリーライドと同じ道を走ることに決めました。早速地図・マーカーを買い、宿でセンチュリーライドのルートをトレース。

そしていよいよ2日目。
天気は朝から快晴。昼前にカピオラニ公園を出発しました。

どこまでいけるかは走ってから決めようと思っていましたが、ちょっとした坂になっているダイヤモンドヘッド海側を走った段階で、なんと早くもへばってしまいました。

そこで、まず途中のカハラ・モールというところで、ポケットに突っ込んであるものを全部収容して身軽になるためヒップバッグを買い、そしてマックで食事&休憩しました。

そして目的地を途中のハナウマ湾に決めました。

落ち着いたところで再度出発しましたが、ルート的にここからフリーウェイに入ることになってます。えーこれ登るの?どう見たって高速道路のICじゃん…
でもマップだとこのルートだしな、と意を決して登ってみたところ、ハワイのフリーウェイは日本の高速のイメージと違い、自動車専用道路ではありませんでした。
むしろ逆にこの道は自転車にとって大変走りやすい道でした。

ホノルルの人は本当に親切です。
ドライバーは自転車が通るまで待ってくれますし、こちらが譲ろうと思って止まろうとすると、お先にどうぞの手の合図で通してくれます。

ハナウマ湾手前の交差点で道を確認するため、止まって地図を広げてたところ、「ハナウマベイならこっちだよ、Good luck!」と通りすがりのピックアップトラックに乗ってた人にサムアップされました。
Good luckの意味がわかったのは、そこからの上り坂を登っているときでした…激坂

一方、復路はハナウマ湾の激坂も下りで、また日差しも弱まり道も空き、ダイヤモンドヘッドの坂も北側の道を通って回避したことで、往路と比べ物にならないほど余裕で走れました。

後日この日の走行距離を測ってみたところ、往路19.3km、復路17.7km、合計37.0kmでした。

禁煙で体力もつき、さらに自転車に慣れて来た今、もし同じ道を走ったらどこまでいけるんでしょうか。
いつか機会があったら、ホノルルセンチュリーライドを走ってみたいです。