3本ローラー2日目

シェアする

まずは昨日の壁に極近レイアウトだとローラーの左半分に車体が寄る前に肩が壁についてしまい、ローラーの半分の意味がなくなりますので、今日は壁からちょっとローラーを離しました。

そして、昨日は坐骨だけ痛くなったので、ポジションも見直してみることに。
紐にナットをぶら下げて膝中心からたらしてみると、3時のペダル位置はナットの1cmほど前に出ていました。
シート高を5mmほど下げ、逆にしていたステムを戻してハンドルを3cmほど下げることで、若干前よりにして、しばらく様子を見ることにします。

それからようやく本日のローラー。
最初は昨日と同様、1kmほどを乗り続けることは出来ますが、ローラー上をふらふらしていました。
両手放しはもちろん、片手放しもまだ厳しいです。
3秒ほど片手放しをして、ついに初の落車。真横に倒れました。

ローラー横に置いた鏡を正面に移して、左右のふらつきを見やすくしてみました。
走行中の視線を下斜め45度位にすると、多少ふらつきが止まるような気がします。
また、ローラーに乗っていると「ウィンウィン」という音がしますが、この音を振幅のある音ではなく、出来るだけ連続して「ウィーーーン」と鳴らすよう、両足からクランクにかけるトルクが一定になるように回すことを意識したら、これも安定につながったような気がします。

というような点に注意しながら回していると、次第に無心に・・・
無心になって回しているのが一番安定しています。座禅のようですね。
ちょっとでも邪念が入るとなぜかふらついてしまいます。
まだまだですね。

昨日は21km、今日は16kmの走行。
落車にもめげず片手放しもチャレンジし続けてたら、最後には左右とも10秒ほどは放せるようになってきました。