LGS-SIXの振れ取りとタイヤローテーションをしてみた

シェアする

レストア後の自転車で通勤してみましたが、タイヤが小刻みに横にブルブルするのがやはり気になります。
以前自転車をひっくり返して振れ取りをしましたが応急的なもので、ブレーキシューへのあたりをなくしただけで終わってました。

今日は休日なので、じっくり追い込んで見ます。
前輪は、以前交換した古いフォークを工作用バイスに挟んで振れ取り台代わりに。

後輪は、ミノウラのスタンドを流用しました。

スポーク調整には、ホイールからタイヤ・チューブすべて取り外し、ホイール裏側からマイナスドライバーでニップルを回すことにしました。

直感的に操り、力もかけやすいからです。
使用した工具はこちら。

SIGNETギアレンチ&マイクロドライバーセットです。

SIGNETの工具は上に写っているラチェットギアつきメガネレンチなど、自転車で扱いやすいものが多いです。

前輪は30分でいい感じになりましたが、後輪は2時間近くかかりました…
せっかく前後輪ともにタイヤを外したので、この機会に前後タイヤを交換しました。