レンタルサーバー「CORESERVER」と「XREA」

WEBマスター, レンタルサーバー

利用中のレンタルサーバー紹介第3弾はここ、CORESERVERです。
わたしは今はXoopsサイト1つ、WordPressマルチサイトを2つ、ここにアップしています。
CORESERVERの多機能ぶりがすごくて、全然使いきれていません。
でもCORESERVERを利用する一方、下位サービスXREAも併用しています。
SEO的な視点だとWEBサイトを立ち上げる目的は、被リンクの数(と質)を確保するためなのですが、一方検索エンジンは、そのWEBサイトがホストされているサーバーのIPアドレスが同じところからのリンクは評価しない傾向にあるようです。
リンクを張る沢山のサイトは、一つの大きなサーバーの中に作るよりも、沢山の別の小さなサーバーに作ったほうがSEO的には良いということですね。これをIP分散といいます。
私が各社のレンタルサーバーの安いプランを物色しているのは、そのIP分散をするためですし、XREAも併用するのもそのためです。
XREAの各サーバー仕様を見てみると、IPアドレス「aaa.bbb.ccc.ddd」の「aaa.bbb.ccc.-」が同じサーバーが並んでいます。
「-.-.-.ddd」のdddだけ違うサーバーからのリンクはIP分散の効果はあまりないようで、少なくとも「-.-.ccc.ddd」のccc(クラスC)からは違うところにする、というのが基本のようです。
XREAでは、アカウントが作成できるサーバーはその時々によって違い、また提供している数がほんのわずかのため、XREAの沢山あるサーバーの中からIP「aaa.bbb.ccc.-」の違うサーバーにアカウントを作成するのには、ちょっと時間と根気が要ります。
これらの違うアカウントを、私はようやく4種類作成することができました。
IP分散のために同じ内容のブログをあちこちに作ってリンクを受ける、ということもよくやられていたようで、検索エンジンはもはやIP分散を評価対象としていないという話もあります。

スポンサーリンク