MODxを使ってWeb製作してみた

シェアする

実はこのたび、会社のWebサイトをアップしているレンタルサーバーを乗り換えしました。
新しく契約したレンタルサーバーは、料金が半額近い上に使用可能メールアカウント数が倍に増え、大変お得になりました。

そしてさらに「データベース・PHPが使用可能」ということだそうで?
レンタルサーバーでデータベース?
なんだそりゃと思い調べてみると、データベースやPHPが使えることで、CMS(コンテンツ・マネジメントシステム)が利用可能になるそうです。

私は、会社のサイト更新にはずっとDreamWeaver UD4(まだMacromediaがAdobeに併合される前の時代)を使っていました。動的なものが必要な場合は、借りたCGIをやっとこさちょこっと変えたりなんぞしてしのいでいました。

そのCGIを使った会社のサイトは、textとjpgをアップすると必要なところが更新されるようにしてあるので更新は人に任せて、私は暫く会社のWeb製作から離れていたのですが、CMSをちょっと調べてみると、これが使えることにより、更新がラクで大変便利になりそうです。

ということで、新しいレンタルサーバーの試用期間が始まってから独自ドメインを移行して本格的に動かすまでの2週間のあいだで、会社のWebサイトをCMSで構築するテストをすることにしました。
そんなわけで暫くここにはこれませんでした。スミマセン。

レンタルサーバーにインストール方法の解説ページがあるXOOPSとMODxの両方を検討し、両方ともサーバーに入れて試したんですが、2週間の間でXOOPSを覚えるのは無理だろうと思い、今回はMODxにすることにしました。

以下のサイトのおかげで、インストールとテンプレート作成が出来ました。
MODx 日本公式サイト