WEBマスター

CMS

MODxで作成したもしもDSサイトで初売上

もしもDSサイトをMODxで作成してからおよそ10日前後で、ついに1品のご購入がありました! 大変うれしいです。 ネットで色々みてみると、ドロップシッピングはかける工数を考えると、実績の挙がる効率はアフィリエイトより良くないという意見もあります。 自分があ...
0
CMS

もしもAPIのデータを「FeedX」でMODxで製作した商品サイトに表示

前回の記事では、モジュール「Csv2Doc」を組み込んだMODxで、もしもCSVをインポートした商品サイトの製作に触れました。 もしもCSVには「在庫状況」などいくつかの主要なレコードがありませんので、例えCSVを毎日更新したとしても、在庫切れの商品...
0
CMS

もしもDS商品サイトをせっかくMODxでつくったなら自作テンプレートで

MODxを使ってて「良いなー」と思っていることは、HTMLテンプレートを取り込んでサイトのテンプレートに転用するのが非常に簡単なことです。 私はPHPをマスターしていないこともあり、WordPressのテーマを自作することは出来ません。 その代わりWord...
0
CMS

「Csv2Doc」でCSVによるもしもDS商品サイトをMODxで製作

先日の記事では、もしもDSのショッピングサイトを「CSVをMS-Accessで加工してWordPressにインポートする」ことで作ったことに触れました。 このサイトへ出力するアイテム数は6000件ほどですが、WordPressサイトへのCSVインポート...
0
CMS

もしもDSの商品を紹介するサイトをWordPressで製作

これまでこのブログに書いてきたようなことを進めてきた目的は、主に会社のサイトを自作するためでした。 目的の作業をなんとかここまで進めることが出来たのも、これまで様々なWebサイトを参照させてもらったおかげです。 その、参考にしたいくつかのサイトには、よく...
0
CMS

WordPressサイトの商品情報が、問い合わせフォームに自動で入力できる

会社のサイトをMODxからWordPressに移行した際に、唯一移行できていなかった「各個別商品詳細ページからメールフォームでお問い合わせするときに、どの商品なのかという情報をユーザーに入力させなくてもメールフォームに入れる」という機能を解決する方法をWe...
0
WEBマスター

Awesome Inc.テンプレートでラベル一覧をメニューバーに持ってくるとき

Bloggerで、Awesome Inc.のテンプレートを使うとき、ラベル一覧をメニューバーの位置にレイアウトすると、「MODx」「WordPress」など、主要なラベルを一覧で並べることが出来ます。 でも、ラベルの一つをクリックして、そのラベルの付いた投...
0
CMS

クラッシュしたWordPressサイトを復活

昨年7月に会社の商品サイトを「MODx」から「WordPress」に変更しました。 商品DBはずっとMS-Accessで管理しているので、MODxやWordPressを使ったのは、CSV一括投稿できるかがポイントでした。 ただ、商品の画像を別にアップロード...
0
WEBマスター

以前利用していたレンタルサーバー「Silver Storm」

以前私が借りていたVPSを提供していたSaaSesが昨年登場させた格安レンタルサーバーです。 初期費用が無料だったので、昨年ちょっとだけ借りたことがあります。 プラン ディスク 容量 独自 ドメイン メール数 データベース 料金 Silver S...
0
CMS

社内用のサイトにXOOPS2.5を導入

これまで社内用として設置し、ここでも紹介したのは activeCollab PHPScheduleIt です。 PHPScheduleItは活躍していますが、activeCollabは使わなくなりました。 かわりに、ちょっと前の話になりますが、会社での情...
0