WordPressを2日後に再度サーバー移転しました(ColorfulBox)

つい一昨日に

ブログをCORESERVERに移転しました
移転先はCORESERVERです 昔CORESERVERを使っていたときはそれに加えてminibirdも契約していた上に、いくつかの無料サーバーやWEBサービスも併用しており、そこで多数のサイトを立ち上げていました。 そんな中、3年前にいくつかのサイトが改ざん被害を受けました。 CORESERVERを2年前にやめた理由は、 このときの被害をきっかけに管理工数削減...

当WordPressブログをサーバー移転したばかりにもかかわらず、2日後にまた別のサーバーに移転することにしました。

間を置かず再び移転した理由は

  • 移転したばかりで、移転するための環境が整ったままなこと
  • 年末年始の休みで時間がとれる、というかこの時期じゃないと時間が取れないこと

というきっかけがある中で、1度目の移転直後に

別の良さそうなサーバーを見つけてしまった

からです。

今回CORESERVERに移転した理由は、他の無料サーバーで展開していたサイトを有料サーバーに収容する際に、今のminiBirdでの「MySQLの個数制限」と「転送量制限」をカバーするためでした。
CORESERVERは昨年、全SSDなどバージョンアップしており、その効果は無料お試し期間内で試用した結果、miniBirdのレスポンスを上回ったことで、CORESERVERへの移転には満足していたところでした。

1度目移転に満足していたなか、当ブログでつかっている外観のテーマを

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

Cocoonに変更しました。
Cocoonは、このブログで以前まで使ってたテーマ「Simplicity」と同じ方がお作りになったテーマです。
この「Cocoon」も「カテゴリ事新着記事などの機能がプラグインなしで実現」「SEOライク」「アフィリエイトが貼りやすい」という、大変すばらしいものです。
このテーマが無料なんて信じられません。

優れもののCocoonを導入するにあたって上記の公式サイトを見ていたら、

カラフルボックスでサイトの始め方。WordPressでブログ運営。
高性能レンタルサーバーの「カラフルボックス(ColorfullBox)」にWordPressをインストールしてブログ運営を開始する手順です。説明図が多めでやさしく解説しています。

このようなページを見つけました。

レンタルサーバー「カラフルボックス」の紹介です。

このページを見つけたのは、既に一度CORESERVERへの移転を済ませ、満足していた後でした。
したがって、あまり深く気にも留めずに読んでみました。

しかし調べてみると、確かに…

契約中 試用中 今回の
miniBird CORESERVER スターサーバー Jetboy ColorfulBox mixHost Xserver
CORE-MINI スタンダード ミニSSD BOX1 スタンダード X10
ディスク SSD SSD SSD SSD SSD SSD
容量 50GB 60GB 100GB 20GB 30GB 150GB 200GB
転送量 150GB/月 無制限 300GB/月 無制限
5万PV/月
1TB/月 2TB/月 70GB/日
MySQL 5個 10個 20個 3個 無制限 無制限 50個
Webサーバ Apache Apache nginx LiteSpeed LiteSpeed LiteSpeed nginx
月額費用(税抜)
1年
契約時
250円 198円 500円 290円 580円 880円 900円
P利用で
203円
P利用で375円 2年で540円
3年で480円

(2018年12月29日現在)

自分の使いかたでCORESERVERと比べてみると、転送量やMySQL個数制限に引っ掛からなさそうなのは、確かにカラフルボックス以上になります。
しかしこれまでは大体そのようなサーバーは、安くても千円前後だったと思ってました。
物凄い高機能なのに、長期契約だと500円切るんですね。
これがVPSや自宅鯖ではなくマネージドということがすごい。

そしてLiteSpeedです。

Compare WordPress Performance on LiteSpeed, Apache, Nginx, and Cache Plugins - LiteSpeed Technologies
Compare WordPress performance on LiteSpeed Web Server Vs. Apache and Nginx using LSCache, WPRocket, W3TC, and FCGI cache solutions.

nginxはスターサーバーなどで見たことがあったにも関わらず、10年以上Apacheをいじってた者として、Webサーバーソフトには正直これまで関心を払っていませんでした。
自分がおっさん化して先入観が生まれてきていることに反省します。

しかしこれだけ高機能だったら、CORESERVERはまだ無料お試し期間内だし、こちらに移ってきてもいいんじゃないか?と考えました。そこでCORESERVERは本契約を見合わせ、カラフルボックスに移転することにしました。

2度目のWordPressサーバー移転には、前回とは別の方法

All-in-One WP Migrationプラグイン

を使いました。

このプラグインを使うと、

  1. 移転元のWordPressと移転先のWordPressのバージョンを同じにして
  2. それぞれにこのプラグインをインストールし
  3. 移転元でファイルをエクスポートし
  4. そのファイルを移転先にインポートする

とするだけで、簡単にプラグインなど他の設定環境までの引っ越しが出来ました。

コメント