XOOPSサイトでSEO対策

CMS, WEBマスター

会社のサイトはMODxというCMSで作成しています。
このMODxは小規模のサイトに適していますが(会社のサイトは10ページも無い)、さらに設置したあとの検索エンジンの順番を見てみると、高い位置に表示されることから、SEO的には優れていると思います。
一方、会社サイト構築の際MODxと並んで検討したCMSのXOOPSは、会社では採用しませんでしたが、今に至るまで個人のサイト構築に使わせていただいています。
こちらは大規模の内容のサイトを簡単に構築できるのですが(個人のサイトはページにすると500ページぐらいになるかも)、こちらはあまりキーワード上位にランクされません。
そこで、XOOPSでもSEO的に出来ることはやって見ようと、次のことを試しました。

    1. URLを静的表示にする

Simplified URLsを導入しました。 ロリポップサーバーでの導入は成功し、動かないモジュールはありません。

  • sitemapの導入

 

サイト内にsitemapを導入すると、GoogleやYahoo!、bing(旧MSN)の巡回がスムーズになります。 サイトマップファイルの作成&送信ここに詳しく書いてます。 これを自動で作成できるsitemapモジュールというものがありましたので、導入しました。 Googleウェブマスターツールでは一旦は認証成功したものの、翌日みると「htmlなのでダメ」と×がついていました。 今後調べます。 ここからはこれからやることです。

  • エラーページの自作

 

ここを見ると、ロリポップサーバーの用意するエラーページがSEO的に良くないようなので、エラーページを自作します。 picoという静的ページを作るモジュールで作成予定です。

スポンサーリンク

CMS, WEBマスターXOOPS

Posted by エコタウン