社内用のサイトにXOOPS2.5を導入

シェアする

これまで社内用として設置し、ここでも紹介したのは
activeCollab
PHPScheduleIt
です。
PHPScheduleItは活躍していますが、activeCollabは使わなくなりました。

かわりに、ちょっと前の話になりますが、会社での情報共有を目的として、レンタルサーバーに掲示板をインストールしました。
導入したプログラムは「Simple Machines Forum(SMF)」です。

SMFはインストールも簡単で、使い勝手もよく、テーマを適用すると見た目も良くなるので、IDを発行した他の社員も使い込んでくれました。
掲示板としては最高だったSMFですが、ひとつだけ課題だったのは、(日本語訳もあるのですが、細かいところは)英語が多いことでした。

そこで掲示板をXOOPS-D3forumに移行することにしました(すでにSMFに書き込まれていた投稿をD3forumにエクスポートする方法が分からなかったので、移行は手作業でした)。
XOOPSにしたので、他のモジュールを組み込むと、いろんなことが出来ます。
webphotoを導入したので、PDFやXLS、DOC、JPG、動画までアップロード出来るようになりました。
動画はFLVでアップすると、プレイヤーがWEB上で再生してくれます。
ここまでは今のところ問題なく使ってもらっているので、移行はうまくいったと思います。

ただ、今のところ社員にとっては、IDをPHPScheduleIt・XOOPSの2個分持たされてます。
PHPScheduleItの予約システムをXOOPSのモジュールに移行すると、XOOPSのID1つで済みますので、先日MRBSモジュールをインストールしてみました。
今のところ問題なく動いていますので、もう少ししたら正式移行です。