XREAにMODx Revolutionをインストールして、マルチドメインを有効にする

シェアする

レンタルサーバーでMODxのマルチドメインが動くか確認してみました。
何とか動きましたので、メモ。

1.サーバーにMODxインストール

まず、XREAのコンパネでデータベースを作成し、続いて「ホスト情報登録」でSSH接続の準備をします。
SSH接続にはTera Termを使いました。

SaaSesVPSにMODx Revolution(Advanced)を導入し、マルチドメイン環境構築のフロントエンドにする
個人でVPSを借り始めて半年になりますが、その間VPSでは、 PloneというCMSを入れてみたり、 mod_uploade...

VPSにインストールしたときと同じ方法で、wgetでMODxのzipファイルを直接XREAサーバーにダウンロードします。私はpublic_html上にダウンロードしました。
引き続きpublic_html上でzipファイルをunzipで解凍します。
解凍したら、「modx-2.*.*-pl」というディレクトリが出来ます。
私はしませんでしたが、modx-2.*.*-plというディレクトリ名を好みによってリネームします。

なお、ここから後はTera Term経由によるSSH接続でなくても出来ました。
解凍して出来たディレクトリに.htaccessを新規作成し、以下を記述。

LayoutIgnoreURI *
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

1行目はXREAの自動広告を止める呪文、2行目はCGIモードでPHPを動かす呪文です。

tmpディレクトリをpublic_htmlと同層に設置して757にchmodします。
また、setupディレクトリににphp.iniを新規作成し、以下を記述。

session.save_path = /virtual/「XREAユーザー名」/tmp/

これでWEBでインストールしたところ上手くいきました。
インストールしたのはAdvancedの方です。

XREAは広告を表示する義務がありますが.htaccessで止めていますので、代わりにMODxのインストールが完了後、XREA広告表示をテンプレートで対応させました。

※「PCで解凍してFTPでアップロードし、インストールする」という方法も試してみたんですが、アップロードに時間が掛かる上に、パーミッションの設定 とかでWarningがいろいろ出てきました。
そこでは、/core/cacheにsetupディレクトリを757で作成することで、なんとかインス トールは完了出来ました。

2.XREAドメインウェブを設定する

hogehoge.comとhoge.netでマルチドメインするとします。

事前に、ネームサーバーをNS1-3.VALUE-DOMAIN.COMにし、DNSをVALUE-DOMAINのDNS設定で所定のxreaサーバーで運用する設定に変更しておきます。

まず、XREAのコンパネの「ドメインウェブ」で次のように設定しました。

xreamodx-domainweb

続いて、同じくドメインウェブの「同期設定」で次のように設定しました。
xreamodx-symlink
上記と同じような設定を、hoge.netにもします。
この作業は間違わないでください。間違うと私のように、MODxをインストールしたディレクトリがなくなってしまいます(SSH接続のおかげで簡単に再インストールできたXREAの良さを再認識)。

3.MODxで設定する。

ここでまた以前にVPSで試した設定をします。
コンテキストを作成し、index.phpを編集します。
index.phpは、以下のように、MODxの管理画面から編集することが出来ます。
xreamodx-indexphp

これで、
hogehoge.com→www.hogehoge.comに表示がかわってサイトが開き、
www.hogehoge.com→www.hogehoge.comでサイトが開きます。
また、
aaa.hogehoge.com
bbb.hogehoge.com
などのサブドメインは、デフォルトの”web”コンテキストに繋がりますので、”web”コンテキストはエラーページにしています。
多分3の作業を繰り返すことでサブドメインの追加も出来ると思うんですが、使用予定がないし、XREAのドメイン数制限もあるので、今のところは試していません。

あと、最初にwgetしたmodx-2.*.*-pl.zipは削除しました。
削除しても使用済ディスク容量は42.99 MB、残りのディスク容量7.01 MBです。